板東嘉子労務コンサルタンツ
コンテンツメニュー
企業経営者の皆様へ
賃金・評価制度とは
制度構築の流れ
資格等級制度
仕事調べ
労務監査
ROBINS経営労務診断サービス
就業規則がなかったら
プロフェッショナルアウトソーシング

健康保険とは

厚生年金保険とは
雇用保険とは
労災保険とは
助成金を活用しよう
社員研修
自己発見のための社員研修
クレーム対応研修
考課者研修
年金研修
本当に面接だけで大丈夫?
報酬規定
事務所案内・地図
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護のためのお約束
関連リンク


事務カレンダー 新法令・通達の解説 今後の法改正の動き  ROBINS掲載事業者です

 

平成30年10月号

6月のイラスト ブラック企業名公表実施

最低賃金が全国加重平均額26円の引き上げとなり、平成14年度以降最大の引き上げとなりました。改めて最低賃金をクリアしているかご確認ください。なお、割増賃金・精皆勤手当・通勤手当、家族手当等は最低賃金の対象外となっておりますので、ご注意ください。

[時間給の場合]
時間給≧最低賃金額(時間額)
[日給の場合]
日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
[月給の場合]
月給÷1ヶ月平均所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
[出来高払制の場合]
出来高払制で計算した賃金総額÷当該計算期間の総労働時間≧最低賃金額(時間額)

自然災害と休業手当

 労基法26条では「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない」と「休業手当」について定めています。地震、台風、大雪などの災害は「天災事変等の不可抗力」の場合、使用者の責めに帰すべき事由にあたらず休業手当の支払い義務はないとしていますが、具体的な事例で確認します。

(1)台風の進路を見て翌日「出勤を要しない」と会社側が指示休業手当を要す
(2)台風の進路を見て翌日の出勤を社員にゆだねる⇒社員の判断で欠勤した場合はノーワークノーペイで構わない。同様に台風で交通機関がストップした場合も使用者の責めに帰すべき事由にあたらないが、労働者の不利益をできる限り回避するため通常の賃金休業手当を支給する、又は有給休暇の申請を推奨するなどの対応が好ましい場合もある。 

※ROBINS経営労務診断サービスを活用して、
ビジネスチャンスに繋げませんか?!
詳しくはこちら・・・ https://www.sr-shindan.jp/keirousinda

 
 

過去のトピックス│平成30年9月号平成30年8月号平成30年7月号
平成30年6月号平成30年5月号平成30年4月号平成30年3月号平成30年2月号
平成29年12月号平成29年11月号平成29年10月号│平成29年8月号平成29年7月号
平成29年6月号平成29年4月号平成29年3月号平成29年2月号平成28年12月号
平成28年11月号平成28年10月号平成28年9月号平成28年8月号平成28年7月号
平成28年6月号平成28年5月号平成28年4月号平成28年3月号平成28年2月号