コンテンツメニュー
企業経営者の皆様へ
賃金・評価制度とは
制度構築の流れ
資格等級制度
仕事調べ
労務監査
ROBINS経営労務診断サービス
就業規定がなかったら
プロフェッショナルアウトソーシング

健康保険とは

厚生年金保険とは
雇用保険とは
労災保険とは
助成金を活用しよう
社員研修
自己発見のための社員研修
クレーム対応研修
考課者研修
年金研修
本当に面接だけで大丈夫?
報酬規定
事務所案内・地図
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護のためのお約束
関連リンク

企業経営者の皆様へ

 はじめまして。
 板東嘉子労務コンサルタンツです。このホームページに関心を持っていただいたことを大変うれしく思います。有難うございます。
 さて、板東嘉子労務コンサルタンツが、このホームページを立ち上げた理由は次の3点にあります。


理由  御社には、社是・社訓はありますか?
 従業員にとって、自分が所属する会社が社会で何の役に立っているのか、何を目標に存続しているのかがわからなければ、会社は生活費を稼ぐだけの場所になってしまいます。生活の大半の時間を過ごす会社がつまらない場所になるならば、それは会社にとっても従業員にとっても大変不幸なことですよね。
 また、従業員は会社の中で自分はどんな役割を果たしているか、何をすれば評価されるのか、もしくは罰せられるのか、わかっているのでしょうか?もしそれを理解していなければ、従業員は大切な目標を見失い、遂にはやる気のある優秀な従業員から退職していく傾向が生まれかねません。
     
理由
 最近、「社員が監督署に駆け込んだようだ」とか、「退職した社員がユニオンに入って労使交渉を申し込んできた」などといったお問い合わせが増加しています。社長と従業員、立場こそ違っても同じ会社で働いた仲、どうしてそんなことになるのか・・・と頭を悩ませておられる経営者の姿を本当にたくさん見て参りました。
 会社と従業員は、雇用契約によって結ばれています。契約は対等なものですが、やはり立場的に従業員の方が弱いということで、その立場を守るため労働基準法が定められています。ですから、労働基準法を下回る労働条件は当然に適用させることは出来ませんが、会社として従業員に、出来ることと出来ないことを明らかにしなくてはなりません。
 「こんな時どうなるの?」がわからなければ従業員は不安ですよね。

理由
 その1・その2のお悩みを解決するために、『板東嘉子労務コンサルタンツ』が存在するのだと、知って欲しいのです。
 関わった企業全ての人事労務面の環境が、少しでも良くなるようにお手伝いさせていただきます。

 そんな思いでホームページを立ち上げました。
 人事・労務の件でお困りのことがありましたら、是非、お気軽にご相談くださいませ。

板東嘉子労務コンサルタンツ
社会保険労務士 板東嘉子