コンテンツメニュー
企業経営者の皆様へ
賃金・評価制度とは
制度構築の流れ
資格等級制度
仕事調べ
労務監査
ROBINS経営労務診断サービス
就業規定がなかったら
プロフェッショナルアウトソーシング

健康保険とは

厚生年金保険とは
雇用保険とは
労災保険とは
助成金を活用しよう
社員研修
自己発見のための社員研修
クレーム対応研修
考課者研修
年金研修
本当に面接だけで大丈夫?
報酬規定
事務所案内・地図
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護のためのお約束
関連リンク

資格等級制度
 部長にはどんなことを求めますか?課長には?係長には・・・?
当然のことながら、各役職によって、求められる実力のレベルは変わってきます。
 資格等級制度は、求める実力のレベルを等級付けし、社員はそれぞれ成長に応じてレベル分けがなされます。社員は、これに基づいて能力開発を行い、実力と格付けされた等級にギャップがあれば、人事考課によって埋めていくのです。また 賃金も、等級によって決められます。

 資格等級制度には、次のような目的があります。

  1. 仕事の能力レベルを明らかにする
  2. 各人が将来設計するときの基準書となる
  3. 仕事をこなすために何を身につければよいのかを明らかにする
  4. 適性にあった道を幅広く選択できる
  5. 仕事の責任を明確にする